© Fushimi Animal Hospital  All rights reserved.

​栃木県益子町・宇都宮市 整形外科・眼科等の専門医療 伏見動物病院

眼科

診療手順

受付→問診→一般身体検査→眼科学的検査(基本的な検査&部位別の詳細な検査)→全身検査(必要に応じて)→診断→治療

受付・問診:

 動物の種類・品種、年齢、性別、飼育環境、既往歴、現病歴などを問診票に記載していただきます。

一般身体検査:

 眼の症状以外に、身体に異常が認められないかを評価します。

眼科学的検査:

 基本的な検査では、視診(眼球の位置やサイズ、瞳孔の大きさ、結膜充血・流涙・眼脂・痛みの有無をチェック)、触診、視覚に関わる神経反射・反応の検査などを行います。

その後、眼の表面、眼内、眼底、眼窩の部位別に詳細な検査を行い、病変を特定していきます。具体的な検査については、以下で説明します。

全身検査:

 必要に応じて、血液検査・レントゲン検査・超音波検査・血圧検査・CT検査・MRI検査を検討します。

診断:確定診断を出せることもあれば、特殊検査の追加や診断的治療、経過観察などを指示する場合があります。

治療:飼い主様とよくご相談の上、外科手術もしくは内科的管理にて治療を行います。

眼科の検査
犬・猫にみられる眼の病気

眼科を受診されたわんちゃん・ねこちゃんの眼の状態に応じて、眼の表面、眼の中(眼内)、眼の奥(眼底)、眼の後ろ(眼窩)を診る検査を実施します。

●まつ毛の異常(睫毛重生、異所性睫毛)

①基本的な眼科検査

視覚を評価する

 物が見えるか?光が感じられるか?など

反射の評価をする

 瞬きができるか?目に光を当てた際に瞳孔が縮むか?など

目の状態を評価する

 眼球の大きさがどうか?目脂や充血があるか?など

②眼の表面の検査

角膜や鼻涙管の状態を診る…フルオレセイン染色・ローズベンガル染色

涙の量を測る…シルマーティアー検査、綿糸法

③眼内の検査

眼圧を測る…眼圧検査

前眼部を診る…スリット検査

眼底を診る…倒像鏡や眼底カメラを用いた眼底検査

眼内・眼底・眼窩を診る…眼エコー検査

④全身検査

眼の病気は、全身の異常に伴って、症状があらわれることもあります。状況によっては、血液検査などの全身検査が必要となることがあります。

●感染性結膜炎

●寄生虫

●角膜潰瘍

 ※潰瘍部位が緑色の染色液で染まる

●核硬化症

●白内障

●水晶体前方脱臼

●進行性網膜萎縮

●高血圧性網膜症

●眼内腫瘍

眼科の治療

当院では、以下の治療を主に行っています。

 

①内科療法

 点眼薬

 注射;全身投与、結膜下投与

 内服薬

②外科療

 瞼の手術

 瞬膜の手術

  チェリーアイ(瞬膜腺突出);整復術(ポケット法)

 角膜の手術

  難治性角膜潰瘍;角膜格子状切開やダイヤモンドバー、コンタクトレンズを用いた治療

  深層性角膜潰瘍;結膜フラップ術など

 眼球の手術

  慢性緑内障;眼内シリコン挿入術

  慢性緑内障、眼内腫瘍;眼球摘出術