© Fushimi Animal Hospital  All rights reserved.

​栃木県益子町・宇都宮市 整形外科・眼科等の専門医療 伏見動物病院

総合臨床外科認定医

​がいる動物病院

2018年に副院長の伏見寿彦が国際資格である「総合臨床外科認定医 GPCert(SAS)」を取得しました

​総合臨床外科認定医とは?

「総合臨床」という言葉はあまり馴染みがないと思います。

臨床は「患者に接して診察・ 治療を行うこと」、つまり総合臨床は「全ての病気で悩んでいる患者に対して治療を行う」と定義されます。

人医療では、専門化・細分化が問題となり、総合診療を重視するような時代の流れになっています。獣医療においては、都会を中心に専門病院が多くみられるようになりましたが、言葉を話せない動物を診る私達獣医師は、全ての病気に対する知識や経験がないといけないと思います。高齢動物では複数の持病があり、どの病気が1番問題になっているかを、各種検査の解釈だけでなく飼い主さんの信頼を得、連携しあって治療に向かいます。これらが獣医療における「総合臨床」であり、当院のような一次病院であっても二次診療施設であっても必要不可欠なものと考えています。

現在の日本の獣医療では、いくつかの団体から外科学の専門医もしくは認定医の資格を取得することができます。今回取得したESVPS認定総合臨床外科医のコースは、世界的に有名な先生のもとで座学および実習を行い、世界のスタンダードを学ぶことができ、大変有意義なものとなりました。

益子町だけでなく芳賀郡、栃木県の病気で悩んでいる動物たち、それを見て悲しんでいる飼い主様を少しでも助けられるように日々精進しています。中には対応できない手術もありますが、「私たちにできること」のページをご参照ください。

The European School of Veterinary Postgraduate Studies (ESVPS)とは?

ヨーロッパを中心に世界19ヶ国において、臨床獣医師のあらゆる分野における講習、トレーニングコースを運営統括している団体です。

小動物外科学コースであるGeneral Practitioner Certificate in Small Animal Surgeryにおいては2年間の座学、実習を修了し論文審査、筆記テストを合格したものが資格を取得します。

 

詳しくはhttps://esvps.orgを閲覧ください。